989-1 Tanaka-fure Gounoura-cho www.iki-navi.com

壱岐ナビお勧めコース

壱岐ナビ季節のお勧めコース1月

1月はお正月。お正月と言えば初詣でしょう。壱岐は神道発祥の地であり多くの神社が島内に存在しています。やはり1月のお勧めは神社巡りかな?
やはりお正月は初詣。となると壱岐七社詣り(ななしゃまいり・しっちゃまいり)をしなければはじまりません。七社ならどこでもいいと思っていませんか? 実は昔、私もそう思っていましたが、壱岐ではきちんときまっているんです。
郷ノ浦を起点に時計周りで最後に住吉神社でお詣りするようにコースを作ってみました。今年のお正月は七社参りにチャレンジしてみては!
学問の神様と言えば菅原道真です。受験生に人気がある神社と言えば太宰府天満宮が有名ですが、いつから天神様が学問の神様として信仰されるようになったかと言うと、案外歴史は浅く、江戸時代からなのです。これは、道真が生前優れた学者・歌人であったことに基因します。
さて、壱岐ではお正月七社詣りを行いますが、受験生には以下の壱岐五天神詣りを推奨します。太宰府天満宮からの分社も多く、御利益間違いなし。受験勉強の合間をぬって息抜きもかねてお詣りしてみましょう。 
壱岐のお正月と言えば七社詣りが有名です。しかし、実はその上をいく九社詣りがあるそうです。これは前述の七社に二社を加えたもので、実際は、九社参拝とは言わず壱岐国藩主崇敬神社と呼ばれます。この九社は、藩主から大事にされている神社という意味で、「藩主崇敬神社」となっているのです。
増える二社は壱岐國一宮(平安時代、国司が国で一番の神社と指定した神社です)である天手長男神社(国中総廟)と城に近い神社である国津意加美神社(御願本)となります。
さて、お正月に時間がある方は七社詣りに二社加えて頑張って壱岐九社詣りはいかがですか?
長崎県壱岐島には延喜式神名帳に記された式内社がこの狭い島の中に大社7社・小社17社の計24社もあります。神道発祥の地、「壱岐」で神社巡りはいかが! 
毎年1月の第2日曜日に開催される壱岐の島新春マラソン大会には島の内外から多数の選手が参加します。

壱岐ナビ季節のお勧めコース2月

2月はイベントが少ないように思えますが、玄界灘の荒波にもまれた身のしまった魚を食べるには最高の季節です。
個人のお宅にあるこの老木は壱岐で一番古い梅の花だと言われています。この季節にしか見られないのでぜひ!
 2月の恒例行事となった感のある綱引き大会。県予選を経て全国大会に毎回出場するチームもあります!