989-1 Tanaka-fure Gounoura-cho www.iki-navi.com

2167人が走り初め 第29回壱岐の島新春マラソン

Posted By ikivet / 1月 16, 2015 / 壱岐新聞ニュース / 0 Comments

スクリーンショット 2015-01-22 17.38.52第29回壱岐の島新春マラソン大会(同実行委員会主催)が11日、 芦辺・ふれあい広場を発着とした特設コースで、2368人のエントリー(島内1975人・島外393人)から2167人が出場。 ハーフマラソン、10・5・3・2キロ、1キロ親子ペアの6部門で、それぞれ男女、年齢別に種目で争われた。

スタート時の気温は9.0°Cとやや高めだったものの、ゴール方向で逆風となる風速5~6メートルの強風が吹き続けたため、寒さに加えてスタミナ、精神力が求められる厳しい状況。それでも2130人が完走し、爽やかな汗を流した。

強風のため目標タイム到達に苦労する選手が多い中、唯一人、大会新記録をマークしたのが、3キロ中学生女子に出場した県内トップクラスの実力者・田中 亜可梨さん(芦辺2年)だった。 昨年 11月の県中学駅伝スタート時には緊張で厳しい表情を浮かべていたが、この日は好ライバルであり駅伝チームキャプテンの大久 保舞香さん(芦辺3年)と並び「絶対に2人で1、2位を独占しようね」と笑顔で話し 合うなどリラックスした様子でレースに臨んだ。 だがスタートが切られると猛然と飛び出して先頭へ。そのまま後続を突き放す一方で、 第3回大会(1989年)で目良幸さん(鯨伏中)がマークした10分49秒を8秒短縮する26年ぶりの新記録で独走ゴールした。田中さんのハイペースを追走した大久保さんは3位だった。

ニュースソース提供:壱岐新聞社

続きは壱岐新聞で!

ニュースの続きやその他壱岐の最新ニュースは以下の壱岐新聞バックナンバーでも立ち読み、単品購入、定期購読いただけます。壱岐の島を離れてもオンラインで即座に情報を入手できる時代です。    

壱岐新聞バックナンバー

Comments

No comments

Leave a reply

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

CAPTCHA